このエントリーをはてなブックマークに追加 

ヤフオクの出品方法から取引内容まで細かく解説

ヤフオクに出品しよう

 

オークションで不要品を処分

 

不要品はヤフオクに出品してみよう!

 

その時は必要だと思って購入したにも関わらず、いつの間にか使用しなくなってしまった。そんな不要品が家の中にゴロゴロと眠っているケースは多いものと思われます。

 

最近ではリサイクル法により不要品を捨てるのにも費用が発生するケースが多く、エコの観点からもゴミとして捨ててしまうのは如何なものでしょうか。

 

そこでお勧めしたいのが、不要品をオークションに出品することです。自分にとってはもういらない物であっても、どこかにそれを必要としている人が存在するかもしれませんいってみれば、オークションとはネット上のフリーマーケットのようなものです。自分にとっての不要品に自由に価格をつけてそれを必要としている人に売るのです。

 

ただし、オークションがフリーマーケットと違うのは出品した商品の需要が高く入札者が複数人いる場合は、自分が設定したスタート価格よりも料金がつり上がっていくという事です。そのため思いがけず不要品が高額で落札(売れる)される場合もあります。

 

オークションサイトは幾つかありますが、最もポピュラーで利用者も多いのがYahoo!オークション、通称ヤフオクです。オークションの利用が初めてなら、まずはヤフオクから始めてみるのがベストでしょう。

 

ヤフオクでは出品する場合は、必ずYahoo!プレミアムの有料会員にならなくてはいけません。月額料金は410円掛かるのですが、出品料は無料(2013年10月7日から無料)なので何品出品しても月額料金だけで済む事を考えればそう高くないでしょう。

 

さて、ヤフオクで売りたいと思った時には

  1. 出品するものを探す
  2. 出品のための準備をする
  3. 出品をする

という3ステップを踏む必要があります。

 

出品するものを探す

ヤフオクでは幅広いカテゴリーの品物を出品する事が出来ますが、中には出品が禁止されている物もあります。

 

  • 犯罪手段として悪用されたり、身体に重大な危険性を及ぼす可能性のあるもの
  • 不正に入手したもの
  • 医薬品
  • サービス商品
  • 哺乳類、鳥類、爬虫類といった生体
  • 宝くじなど
  • 使用済みアダルトグッズや下着など
  • 法律に違反するもの
  • 名義変更のできない乗り物や携帯、PCなど

 

上記のようなものは出品出来ませんから、それ以外で需要のありそうな物を探しましょう。古本や古着、中古の電化製品や玩具などもオークションでは人気です。

 

出品ための準備をする

ヤフオクでは出品商品の画像がなくてもオークションに出す事は可能ですが、画像が有るか無いかでは入札率は大きく異なります。商品をアピールするためにも、画像があった方が絶対に良いです。写真は3枚まで掲載する事が出来るので、なるべく細かな部分まで分かるように複数枚写真を載せる事をお勧めします。

 

オークションは画像の良し悪しで金額は変わる

 

写真に加えて出品する商品の説明も忘れてはいけません。
製品の仕様だけではなく、未使用か中古品なのか、何か問題はあるのか後々のトラブルを避けるためにもしっかりと明記しておきましょう。

 

出品をする

準備が出来たら商品にあったカテゴリーへ出品をします。そうすることで、そのカテゴリーの商品を探してる人の目につきやすくなり落札して貰える可能性が高くなります。

 

支払い方法には

  • Yahoo!かんたん決済
  • 銀行振込
  • コンビニ支払い
  • 代金引き換え
  • クレジットカード決済

といった方法があります。

 

特にYahoo!かんたん決済は、支払いや受け取りが簡単に出来るため、出品者にも落札者にっても便利なシステムです。

 

開始設定額はあまり高すぎても、入札者がありませんが希望よりもずっと低い額に設定しすぎても満足な取引が出来ません。ネットなどで出品商品の相場や類似品の落札価格を参考にして開始価格を設定しましょう。

 

またヤフオクでは、即決価格を決める事も出来ます。オークションの終了時間にならなくても、出品者が決めた即決価格で入札をしたら終了を待たずにすぐに落札出来るというシステムです。即決価格がある事で、商品がスピーディーに落札される事もあります。

 

オークション終了、その後の流れ

オークションが終了して落札者がいた場合は、双方で取引に関する連絡を取り合う必要があります。取引ナビを使用するとメッセージを送る事が出来るので、お互いが納得出来るような支払い方法と発送方法を決めていきます。

 

発生方法には、商品が発送中に紛失したり壊れた場合に保証があるものと保証がないものがあるので、その点にも注意して配送方法を決めましょう。はこブーンのサービスは利用している人も多くおすすめです。

 

発送方法や支払い方法を決めたら、それに乗っ取って手続きを進め落札者からの支払いが確認出来たら商品を発送します。出来るだけ発送予定日を相手に伝えておくと、トラブルが起こりにくくなります。また発送が遅れる場合には、その旨を必ず落札者に伝えておくべきです。

 

落札者から商品の受け取り連絡が届いたら、落札とお互いに評価をしあってオークションは終了となります。

 

評価は5段階評価
  • 「非常に良い」
  • 「良い」
  • 「どちらでもない」
  • 「悪い」
  • 「非常に悪い」

 

こうした5段階評価だけではなく、更に取引の内容を細かに評価出来るコメントも送る事が出来ます。悪いや非常に悪いがつくと、今後のオークションでは信用がなくなり入札や落札にかなり良くない影響が出てきてしまうので注意しなければいけません。取引や連絡は誠実、迅速に行う事がオークションで非常に良い評価を得られる方法です。

 

オークションを手軽に利用するために

一見難しそうに見えるオークションへの出品ですが、取引ナビシステムや無料のオークション用テンプレートを使用すれば簡単にオークションを楽しむ事が出来ます。

 

またPCではなくスマホアプリを使用しても、手軽にオークションへの出品が可能となりました。やってみると思った以上に簡単に出品出来るはずです。

 

オークション代行サービスに丸投げ

さらには、オークションへの出品を代行してくれる業者も存在します。出品する品物を代行業者へ預ければ、その後の手続きは全て行ってくれます。オークションの代行を利用すると代行手数料が発生してしまいますが出品物がたくさんある場合などには、役立つサービスと言えますね。

 

中には悪徳な代行業者もあり、品物だけを受け取って適切なサービスを行わないところも有るそうなので、気をつけなければいけません。今まで眠っていた不要品も、オークションを利用すれば価値が生まれるケースが沢山あります。リサイクルショップなどに持ち込むよりも、オークションの方が高い値段で売れるケースが多いので是非ヤフオクを利用してみましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

全部自分でやっちゃえば収入も多いよ↓



↓売るより買うが重視ならメルカリ↓